Fragment of RUIN GEAR

http://ruingear.jugem.cc/
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
予想つかなさすぎ
 おお、西門さんがマンカスに戻られましたね! 心配してましたよ〜。たゲホゴホなのか、怪我でもされたのかと。
 そして荒川さん、超お疲れ様でした。激務でしたねえ。しかし…まさかMM抜けだったりする…?(汗) 関係ないけど映画版MMのポスター、なかなかカワイイですねー(ほんと関係ない)。
 でもって田島さん…お帰りなさい(涙)。早えー。スンラさんもタガーにスライドかあ。しばらく行けないけど、ガスンラ観たいよ〜。


 それはそうと、わたしが来月大阪へ行く時のキャストは予想つかないとは言いましたが、つかなさすぎだよ〜!!
 あまりのカオスキャストに思わず吹いてしまいましたよ!

続きを読む >>
舞台雑記 | comments(2) | trackbacks(0)
生存証明と意欲と予想
 先月から仕事でPCの画像・文字処理作業をし過ぎていたせいか、暫く家では何も文章を打つ気になれませんでした。書きたいネタはむしろ死ぬ程有り余っているのですが、気力が無いと根本的に駄目ですねえ。

 そして何より仕事についてとか今の上司についてとか色々と思うことがあり、身体的以上に精神的に疲れてしまって、ちょいとネットライフというものを放棄?していました。仕事や忘年会やらで時間が無かったという理由も勿論ありますが。
 まあそういうわけでしたが、一応ちゃんと生きております、ハイ。

 しっかし今年の半ばから異動して来た課長…わかってたけどさいてえだ…、とかひっそり呟いてみる。できた人の多い我が職場をここまでどんよりさせられるって一体。逆に凄いぞ。
 ちなみに今月知ったのですが、わたしのフロアは我が社でもワースト1・2を争う残業職場だそうです。オイ…………。「なにその管理側の無能証明」と思ってショックではあるけれどそれ以前に拭えない「やっぱりな」感。嗚呼。

 この関連で愚痴を書き出したら3時間くらい軽くイケそうなのでやめておきますが、なんというかどうせ忙しいなら「この人の為なら多少の苦労は厭わん」と思える上司に当たってみたいものですねー。今度の課長はそう思えない、どころか褒められてすらも「あっそ」としか思えません。全く嬉しくない。頼まれても付いて行きたくないタイプですね、はっはっは!(壊)

 いかん、まだ復活には遠いかも…(汗)。
 いやでも、ほんとに色々書きまくりたい気持ちも本当で、何と言うか♪心と身体引き裂かれようとも〜!♪とか歌っちゃうぞみたいな。

 ……疲れてますね!!

 閑話休題。
 何だか抜け殻の今の状態、JCSという餌を失ったことからくる脱力っていうのもかなりあります。♪あなたが生き甲斐で暮らしてきたのにどーしよー♪ですよ。
 人間、餌があれば頑張れるのねということを我が身を以て改めて実感してます。

 猫屋敷にもじんわりと心惹かれているのですが、もう一つ爆発的な牽引力がないと、うーん。行きたいことには変わりないですが。
 大好きな奥田グリザが久々に帰っていらしてるし、何よりマイベスト・タガー・スンラさんがいる!! 五東ジェリロもまた来てくれてるし。
 野中マンカス、岩崎ミスト、由佳乃ジェニ、南バブがいたら脇目もふらず駆けつける気満々だったのですが、我慢してもう少しお預けかなー。1月にチケット持ってますし、う〜んどうしよう。試される自制心。

 あ、CATSといえば、佐野さんがキャスティングされたと聞いたのですがマジですか…。どこまでマルチプレーヤーっぷりを発揮するのか、佐野さん…。
 ファンとしてどの猫にキャスティングされたのかを考えてみますと。

・第1候補:アスパラガス=グロールタイガー
 ラウルやファントムを観て来た身としてはバストファさんを想像するのが辛いのですが(笑)、ガス=グロタイは普通に観たいっ。
 ……というか、あまりにもこの枠の交替要員がいないので、ここなのかなあと反射的に考えてしまいますね〜。田島さんにお休みをプリーズ。いやそれを言ったら佐野さんにこそお休みをプリーズなわけですが。今週後半からはファントムですよね…(汗)。

 考え始めたら無限ループなことはとりあえずさておき。

・第2候補:マンカストラップ
 青山さんと西門さんはどうされたのでしょうか…(汗)。福井さんが引き続き自由劇場っぽいので、まだしばらくは荒川さんがマンカス? さすがベテラン、普通に巧いとは思いますが、やっぱり荒川さんはタガーが嵌ってると思います…。
 と、いうわけでこれまた人手不足枠(汗)として、可能性としてはあり得るかなと。まあ無いだろうなとは思いつつ、佐野さんなら出来なくは無いと思います。

◆第?候補:ラム・タ
 無い。それは無い!(汗)
 そんなことがあったらわたしは多分階段から転げ落ちる。(そこまで)

 他には思いつかないなあ。今更スキンブルはタガー以上に有り得ないと思うし。
 デュト様も、音域的に無いと思います。…知らんけど。
 ていうか、デュト様もかなりの人手不足ですね。高井さんに復帰してもらいたいと夢想してしまうけれど、これまた音域的にファントムと並行はヤバイと思うので却下だなあ。

 さて佐野さんが猫屋敷に登場なさることは本当にあるのか?
 BBがあるけれど、なんとなく開幕は柳瀬ビーのような気がする。
 何にせよ猫屋敷に登場されたりなんかした日にはダッシュで駆けつける気満々です。

 とかなんとか妄想しつつ、さてあと1日で仕事も終わり! あと少し、頑張れ自分!
舞台雑記 | comments(2) | trackbacks(0)
是非も無し!
 ついにJCSも楽日!
 というわけでやってきました京都。
 個人的趣味で銀閣寺と本能寺へ行きたかったのだけれど、まあそれはまた今度ということで。

 とりあえず今週はずっと午前1時半帰宅の6時半起床で仕事がデッドヒート。上司によると今週は山に非ず、ド山だそうで。ド山…。
 今朝は無事に5時半起きできました。体力精神力共にかなり限界だったので、起きられなかったらどーしよーかと…。一安心。新幹線でがっつり寝たので体力もかなり回復。
 さて、腹ごしらえしたら出陣でっす!

 ……おねーさーん! ランチまだっすかー!!(汗)
 混んでます京都〜〜!
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
週末の戯言いろいろ
 デビューや復帰キャストが相次ぐ猫屋敷、新ミスト来ましたね〜。ついに岩崎ミストデビューですか。今日か明日? 観たいなー。
 野中マンカスも是非観たいし、うーん、悩ましいです。暫くは予定的に厳しい。

 でもなあ、何せ今の四季は冗談抜きに油断すると二度と観られないようなキャストが多そうなので、行ける時に観ておきたいです。切実…。
 最近見掛けない役者さんとか、去年辺りはそんなに気にしてなかったんですけど、今はすぐ不安になってしまう。

 ところでミストのトリプル表記って凄いですねー。何故トリプル。しかも週末に。

 つうか今週は世間的には三連休なのかあ。昨日も今日もわたしは仕事です。
 本代にチケット代に交通費、稼がんと!(その前に生活費)

---------------------------------------

 帰宅後の徒然追記。

 岩崎ミスト、デビューしたらしいですねー。
 わたしはグリザベラ、ジェリーロラム=グリドルボーン、シラバブ、ヴィクトリア、マンカストラップ、ラム・タム・タガー、ミストフェリーズ、アスパラガス=グロールタイガーが好きなので(なんと素晴らしくわかりやすい猫ばかり)、この新キャストはとりあえず観てみたいのでありました。ああ渇く。
 来週のキャス変が気になりますねー。猫屋敷だけじゃありませんけど。
 サバンナから王子が一人抜けたらしいじゃないですか。ほ、ほほお〜…。福岡LKプロモの為だとは思いますが、さて。

 あとやっぱり、高井カヤパなんて夢のまた夢なのでしょうかね。
 高井さん、壁の部長とか低音域の役だと大絶好調でいらしたので、カヤパを是非是非ゼヒとも観たかったのですけれどね…。最近調子がお悪かったと聞いたので、ご自愛頂きたいものだと思いつつ、夢見てしまうアホなファン。すみませんほんとに。

 夏から「禅さーん!」→「佐野さーん! スンラさーん!」と叫びまくっているので友人に「最近、高井さんはどうしたの? 禅さんもだけど」と訊かれてしまいましたが、勿論変わらず愛しておりますですよ!(鼻息)
 思い立ったらすぐにお会いできないからなるべく考えないようにしてるっていうか、考えようがないだけですよ…ふふ(涙)。
 ちなみに禅さんには明日お会いして来ます。ワーイ、玲奈ちゃ〜ん!(オイ)


 最近ジーザス関連のことを悶々と深く考え入り込み過ぎていたのですが、別演目やオケやライブでかなりリフレッシュしました。変な方向に入れ込み過ぎず、もっと舞台を素直に楽しもうと少し心が軽くなったかも。いいことだ。
 宗教モチーフはやっぱり危険なんですよ…考え始めると。

 ブラウニングを読んでいたら、「Life in a Love」がちょっとだけスンラユダにダブってしまった。Loveを「恋」ではなく「神に対する愛」に置き換えて、信仰という次元で悪戦苦闘する人間の魂の告白と読むことも出来る、とか解説されてるものだから、ついつい。
 最近は何でもかんでもJCSに関連づけて考えてしまう悪癖が身に染み付いてしまっていて、非っ常にマズイです。
 全然関連づかねーよ期待しちゃったじゃんバカーッ、なんて方がいたらすみません。
 とりあえずブラウニングはやはり良いです。好きです。テニスンあたりは何故かいまいち馬が合わないけれど、イギリスは名詩人が多くて良いですね。もっと色々読んでみたい。

 ブラウニングはやっぱり上田敏の訳が好きだから、給料出たことだしよし買おう! と思って本屋に寄ってレジ横のPCで検索したら(便利!)、まんまと在庫が無くて崩れ落ちそうになった女の戯言でしたとさ。ああショック。読みたい時に読みたいから買いたいのに。
 青空文庫もあるけれど、紙媒体のロマンを捨て去れない人間なんです、わたし。特に詩については。
 岩波文庫の在庫が豊富な本屋を探すぞー。おー。
 あと、詩を英語で朗読してるCDがないものだろうか…ある筈だと思うのですが。探したい。その際には高井さんばりの美声を希望します!(無茶な)


 ええと、行間から滲み出ているかもしれませんが、今、多少酔ってます。思考飛びまくりです。
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
色々吃驚した
 京都に突発した次の日からどらえい忙しく、深夜帰宅して意識がぼんやり状態で2時くらいにようやく味噌汁すすって、その後机の上で意識を失って5時くらいにハッとしてふとんに潜って、何とか起きてまた仕事…という生活を送っていました。今日は週休、やっと少しリフレッシュ。し、しんどかったー。

 ちなみに色々キレたので、突発で猫屋敷へ行って来ました。早水グリザに五東ジェリロに雅登スキンブルがどーしても観たくなって。3人とも、素晴らしかったです!

 で、帰宅したのですが。
 花代クリスティーヌ来たーーッ!!!
 ひえーっ、マジですか。観たーい! かわいいクリスでしょうねえ〜。いつデビューでしょ。
 花代さんはWSSマリアかJCSマリアかと思っていたのに、いつの間にかクリス稽古もしていたのですねえ。…っていうか、あれ? 新役ですよね? 多分。
 苫田さん、替わってくれる人いなかったみたいですもんね…。クリスもファントムも喉を酷使する役らしいのでハラハラしていたのですが、回せる人員が増えたという点でも喜ばしいです。
 てっきり次のクリスは高木さんだろうなと思っていたので、あー吃驚した。

 それより、ラウルを誰か替わってあげてほしい…(汗)。岸さん、そろそろデビューしますかねえ。
 ふむ、わたしの手持ちチケットは来年なのですが、その頃には今予想もしていなかった面子になっている可能性もあるんだろうなー。


 それにしても今の四季を担う中堅役者の皆さんが余りにもお忙しいのが不安ですね。
 例の、新潮は読んでませんが代表のインタは読みました。エントリー立てようかと思ってたのですが、書いても書いても途中で意識が落ちる程疲れていた為スルーになってました。

 まああれはつまり何ですか、9月からの一連の大騒ぎって結局、手塩にかけて育てて来た看板役者たちが相次いで忘恩の行為に及んだから切れてしまった(※代表ビジョン)と、そういうことだったのでしょうかね。

 もう突っ込まなくていいところを探す方が早そうなインタなので内容についてはさておいて。
 とりあえず、知寿さんと石丸さんは退団ということなのですよね…。残念ですが、お二人ともこれを機によく休まれてご自身を労って欲しいです。
 9月の某フィルマン氏の訃報を知った時、わたしはもうたとえ二度と会えなくてもいいからお元気でいて欲しかったと思ったものでした。
 いや、そりゃお元気でいらしたなら(単に退団したというだけだったなら)また舞台で会いたいとは勿論思ったでしょうけれどね(汗)。
 9月からわたしの自宅PCの壁紙はずっと、彼が愛したというザルツブルクの街並みの画像のままです。まだ振り切れない自分が情けないですが、振り切る必要は無いのかもとも思っていたりする…。


 なんだかしんみりしてしまいました。
 やっぱりこう色々あると、割り切って考えようと思いつつも完全には無理ですね。
 四季に少しは詳しくなって2年程度のわたしですらこうなのだから、長いこと見て来たファンの方々などはもっと複雑な気持ちなのでしょうね。

 本当に色々考えてはいるのですけれど、延々書いていたら終わらないので止めておきます。
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
ラジオの公開収録も見て来ました
 京都JCSの為に上洛した日、ラジオの公開収録も見学して来たのですが、これがまた寒かったのなんの。
 そんなに寒くないけど暖かくはないかもという格好だったわたしは、まあ我慢できなくもないしとタカをくくり、少し早い時間から東広場で気持ちよく音楽とか聴きつつスンラさん登場を待っていました。

 そして、いざスンラさんが登場されたところ、これがまた予想以上にかっこよくて大興奮。全体的に黒っぽい格好で、中に着た赤いシャツが差し色になってまして、赤×黒カラー大好きっ子として普通にツボりました。
 し、しかし…公演後につき明らかに燃え尽きた延長のボンヤリとした風情丸出しのスンラさんに、思わず「♪か〜れを〜帰ーして〜〜」とか歌いたくなったりもしたのでした…(汗)。ほんとにあの日はご苦労様でしたスンラさん…。

 以下は、全く詳細レポではない、何となく・雰囲気程度の話です。

続きを読む >>
舞台雑記 | comments(2) | trackbacks(0)
たましいをけずる
 心動かされる何かに出会いたいと今年の前半に呟き、すでに11月が迫ろうという今日この頃。
 春? 夏? どちらもそうであり、きっかけはきっかけに過ぎず、蓄積は更に深化を促す。
 醸造された思い出というのは厄介なものだ。栄養というよりは、毒に似ている。もしくは病か。何にせよ厄介であるには違いない。

 人間。
 やはり書物と芝居というのは根本から違う。
 人間の感情の表現、見せる=伝えるという技術。嘘でありながら嘘ではなく、真実でありながら虚構でしかない。
 観ている側に伝わるものが無ければ全てが無駄になる。

 うだうだうだうだ、色々考えています…。
 かいつまんで言うと、佐野さんとスンラさんが観たいよーという話なだけなんですけど。
 ああ、新幹線は高いぜ。
 そして高いお金をかけても1回しか観られないので佐野さんとスンラさんを両方観るのは不可能なわけで。こ、この究極の選択っぷり…。悩み過ぎて死にそうです。
 しかも佐野チェを観たいと9月末からずうっと悩んで来た延長戦なもので、かなり思考回路ショート寸前。

 先週から関西のことばかり考えています。もう少し早く今週(来週?)の予定が決まればなあ。そしてわたしにもっと優れた決断力があれば。おおう情けない。

 静かに、深く。考えなくてはならない。
 何せ、気付けばわたしの貯金プランが今年辺りから豪快に崩壊しているのでなー!(洒落にならん…涙)
 いやあ遠征観劇生活は…大変ですね。

 今の関西、羨ましいです。ファントムとJCSが同時にかかっているとは!
 でもこれが東京だったら更に財政がヤバイのか。…あーでも交通費でチケット3枚分くらいなのか。…プラマイゼロか。そうか。ダメか。

 佐野ファントム、スンラユダ、柳瀬ジーザス。お会いしたいです。
 心奪われるとはこういうことをいうのだろうなと思いながら、この飢渇って幸せなのかただの苦しみでしかないのか、何だかわからなくなってきた。
 困った日々を送っています。


 これらのことを考えながら、先日TVで見た、ポアンカレ予想を証明した数学者ペレリマンのことを考えたりもします。
 数学にしろ芝居にしろ、生命を削らねば生まれ得ないものというのがこの世にはあるのでしょう。
 大袈裟な話ですが、観てる側がこれだけ消耗するのだから、やってる本人たちは一体どうなってるのだろうとわたしは本当に恐ろしくて…。

 スンラさんなんてカテコで出て来るたびに今にも倒れそうで、トプステのインタ見た後はもうそんな姿を思い出すだけでわたしは泣きたくなって来ますよ。京都でも毎回ヨロヨロだそうですね。

 あーー、この悶々は除夜の鐘でも撞けば振り払えるのでしょうか。参った、ほんと…。
 最近は、あえてなるべくこういうことを考えられないように、関係ないことばっかりやってます。そして反動で尚渇くと。魔の永久運動。
舞台雑記 | comments(4) | trackbacks(0)
京都JCSへの旅
 というわけで本日は京都に来ています。日帰りです。しかも貧乏ゆえに往復ぷらっとこ●ま!
 周り中に信じられないと言われましたが、時間かかろうが安いんだから、やっぱこっちでしょ!(夜行バスのが安いかもですが、体力がもたないので却下…)
 何せ、往復のぞみにした時との単純な差額は、JCSのS席チケット代を超えるのだ!
 道中確かに暇だけど、前日終電残業で1時間ちょいしか寝てないから、思い切り爆睡できたし。

 あと先日買った岩切訳・アヌイ『ひばり』があまりにも素晴らしくて夢中なもので、それも読んでます。ほんとにこれ、素晴らしい……!! 生涯に出会えたお気に入り本トップ3に入るのは間違いないかも!

 最近キリスト教関連についてばかり考えていますよ(汗)。JCSといいひばりといい。おまけにわたしの元々の趣味・世界史を読み解く上では絶対避けて通れないという。
 一神教はわたしにとって信仰の対象にはなりえませんが、仏教などと違い人間の為の宗教であるがゆえに、良くも悪くも人間について考えさせられますな〜。
 最近こんな日々なので、月初にうちのお墓があるお寺に法事で行った時、微妙にカルチャーショックだったぜ。ごめんね御先祖様。

 もうすぐ京都着!
 今日のマリア、西さんかもなあ。西さんは好きだけど、マリアは何か違うんだよなあ、わたし的には…むう。でもグリンダの50倍は観たいです。
 智恵さんのマリアが観たい。マリアって、クリスよりジェリロ系なイメージだな。いや智恵さんは両方やってるわけですが。

 久々の芝ユダや飯田さんのレスラー(違)、何より安土桃山な下様ヘロデ、楽しみだー。でもわたしは青アフロヘロデが好きだったのでちと残念。
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
海はいまやエメラルドに満ちて
 9月から10月にかけてはハッピーマンデーとやらが3回もあるおかげでこの地獄の忙しさなのだなあと最近ようやく気付きました。
 土日休みの人が考えたとしか思えーん。しかも5連ちゃん勤務が平気な人。つうか残業があまりないところ。
 忙しさで我が職場は相変わらず泊まり込む人や臨出して10連ちゃん勤務の人、続出。ほんとこの業界は…。仕事内容だけ考えると、本好きとしては楽しくて幸せなのですが。

 毎度ながらの愚痴ですが、人が休みの時が仕事という方もたくさんいらっしゃいますしね。ハッピーマンデー以前だっつうのって感じですよね。
 ああオトナにならないと。疲労はやはり神経を参らせるものだと我が身で毎度実感。
 ド暇だった6月なんか、今思えば非常にのーてんき極まりなかった。懐かしいよー。


 で、久々に楽チンな週真ん中の週休だった3日は、第1期発売分最後の手持ちチケで2回目の『Wicked』に行ってきました。開幕2公演目以来です。

 いやあ〜〜、一言で言うと素晴らしかったです。
 初回に最も気になった小粥ネッサの超開口台詞、かなり良くなりましたね。もうちょい頑張ってほしいですが。
 そして沼尾グリンダの開口も当初はヤバかったけれど、こりゃまたかなり綺麗になってて!

 ていうかとにかく、沼尾グリンダと濱田エルファバが素晴らしいですね!!
 最高のオリジナル・キャストだと思います。

 濱田さんは期待に応えて下さった素晴らしさですが、沼尾さんは、なんかもう完全に脱皮しちゃった感じですねえ。
 わたしが彼女のクリスを一番好きな理由はズバリあのクリアな声質が理由でしたが、グリンダはクリスの5倍くらい嵌まってると思います。も〜〜大好きです沼尾グリンダ!!
 初回で気になった開口っぷりと演技の硬さが改善されると、圧巻。歌もアホアホ演技も!(笑)
 不遜なことばで言えば、見直しました! 沼尾さん、やればできる子!! 大好きだ〜!

 初回は終盤が、2回目はオープニングが泣けたわ〜〜。
 両方とも、沼尾グリンダがいい表情するんだこれがまた。

 この演目は濱田・沼尾コンビがいる限り大丈夫でしょう。観客の熱狂的な拍手が証明しています。休憩に入った時、会場がわあっ!と沸きましたもんね、スゴイ〜!とかの会話が一気に吹き出して。
 こんなに客席の興奮が伝わってくる演目、初めてかも。開幕してまだ3ヵ月くらいだしな〜。
 ああいう雰囲気、心地良くて幸せだ!

 今なら、普段舞台を観ない人というかミューを敬遠してる人には、この演目を勧めたいなあ。
 衣装や装置は間違いなく現時点で世界最高峰だろうし、歌が歌い上げ系多いし主役二人が聴かせる力量を備えてるから安心だし、勢いに飲まれること請け合い!
 ただし映画かせめて絵本で『オズの魔法使い』は絶対押さえておくことが条件。
 日本人にとっての『桃太郎』並みにオズは知ってて当然(らしい)、という国の作品ですから。知らないと2幕がヤバイです。


 この演目の本当の勝負は、主役二人のキャストが入れ代わった時でしょうね。
 特にグリンダ。ハッキリ言って超心配です。歌えなきゃダメだし、歌えるだけだと更にダメ(…や、当たり前だが…)なので。
 主役二人のキャラがコケたらこの演目は崩壊しますね。マジで。

 ぶっちゃけ今作、脚本そのものはそれほど優れてません。
 批判の言葉を耳にするときはほぼ必ず「脚本でトニー賞を取れなかったことが証明してる」みたいなことを言われてますが、まあアレだ、反論の余地無いですな。
 悪いわけでは全く無いし、かなりホロリときます。
 が、トニー賞は無いです。うん。


 はあ、初回に感想書いてないし、2回目はぐっと良くなったしで、色々語りたい〜。
 今年のチケットはもうないけれど、主役二人を観たいが為にまた行きたいよー。
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
夏が終わる
 今月はわたしにしてはストプレ祭でしたが、ラストは『ヴェニスの商人』東京千秋楽。先程終演しました。

 いやー、やっと藤原くんの舞台が生で観られましたよ、うう満足。
 しかもこの役なかなかオイシイ〜。もーまさかこんなに色物の役だとは…! 腹痛ぇ〜〜!!
 他にもイイ男祭でなかなかウハウハでした(芝居を観ましょう)。

 ただ例によって先週も仕事が半端ではなく…かなりグッタリしていたので、電車で座れたから良いものの、座れなかったらやばかった。
 無事にたどり着いて開演前のロビパフォをじっくり楽しみましたー。


 24日の相模原エビータに行けなかったのは痛恨でしたが、振り返るとそこで大事を取ったからこそ1週間乗り切れたと思うので、結果オーライってことで納得したいところだ。
 ああしかし来月行きたい…。佐野ファンとしてこれ以上新役を見逃すのは厭だ! しかもチェ! 想像不可能だったファントムに続いてまたも想像できない役!(ペロンはまだつく)
 そういうの、すごく楽しみだあ〜!

 昨夜は丑三つ時に味噌汁すすりながら、なぜかスンラユダと佐野ファントムのことを延々考え続け、一人で泣いてました。またか!
 この二人というか2役は、一生胸中に抱き続けて生きていくことになると思います。
 某代表の前でこのアツイ思いを語り倒してやりたいよ。ふんだ(荒)。


 あー、わたしゃ〜舞台が好きだなあ。
 それからわたしはアヌイやシェイクスピアみたいな言葉の洪水みたいなストプレが好きなのかもと今日思った。あの膨大な情報を処理するのが快感つうか…。
 『ロマンス』ももう一度観たかったー…!!

 気がつけば明日から10月かあ。は、早い…。
 来月は京都JCSとオペラのトリスタンがメインイベント!
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/14PAGES | >>



PROFILE

メールでのご連絡はこちら
フォームをご利用下さい。
NEW ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

RECOMMEND

Jenkins: Stabat Mater
Jenkins: Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
Belinda Sykes,Karl Jenkins,Karl Jenkins,EMO Ensemble,Jurgita Adamonyte,Royal Liverpool Philharmonic Orchestra,Royal Liverpool Philharmonic Choir
Karl Jenkins: the Armed Man
Karl Jenkins: the Armed Man (JUGEMレビュー »)
Karl Jenkins,Karl Jenkins,New Professionals,Hayley Westenra,National Youth Choir of Great Britain
 (JUGEMレビュー »)

『ひばり』(L'Alouette)
SPONSORED LINKS