Fragment of RUIN GEAR

http://ruingear.jugem.cc/
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
After the Finale...
 終了してからも自分の中でずっと大切にしていくであろう作品に、本当に久しぶりに巡り会えたと思っています。
 『ファンタジックチルドレン』。
 ブログ上では各話ごとに更新していた為あまりにも区切りが綺麗につきすぎて、なかなか新しくエントリーできませんでしたが、今更ながら思うところはまだまだあるので、ひっそり更新していきたいと思います。

 DVDを集めているので、そちらの方…特に序盤の方についても色々書き連ねたいことがあります。終わった後だから感じるものもたくさんあって、マジで倍増しで泣けましたよ…。

 さて、とりあえずちょっとした雑感からいきましょうかね。


続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(4) | trackbacks(0)
『ファンタジックチルドレン』最終話 終焉 そして始まり
 全ては終わり、全ては始まる。
 時は巡り、想いは果てしなく…。

 「今」をただ生きる子供達に、どうか幸あらんことを。


続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(38) | trackbacks(0)
『ファンタジックチルドレン』第25話 ゾーンへ
 デュマを拒まず、ただ静謐の中で輝いていた、手の届かないティナ。
 幼くか弱く、デュマの腕の中に小さく収まってしまうヘルガ。

 腕。
 自分を顧みてくれる瞳。…声、腕。

 抱擁。

 忘れられないものとなる全て。
 それは「あなた」がくれたもの。
 昔も今も、デュマをこうして救ってくれるもの。

 喪うなんて、あっては、ならない。


続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(15) | trackbacks(1)
『ファンタジックチルドレン』第24話 トーマの真実
 今回は…言葉に尽くせません。

 ヘルガを挟んだ、全く立場の違う二人の少年、トーマとデュマ。
 二人の想いが爆発した回でした。

 かたや過去に…かたや今この時に。
 魂を激しく揺り起こされて、そして、物語は最終局面を迎えます。

続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(35) | trackbacks(2)
『ファンタジックチルドレン』第23話 ゲルタ
 今回はベフォールの子供達にとって大きな分岐点となりました。
 いや、過去幾度も大きな分岐点を経て、今ようやくその永く辛い旅に終焉が見えてきたわけで。

 パルザの離脱。
 囚われたメル。
 閻魔。
 オエセル。
 ヘルガ。ティナ。

 …全てが終わったその時こそ、故郷ギリシアへ帰れる筈だったのに。

続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(13) | trackbacks(3)
『ファンタジックチルドレン』第22話 飛来
 ついにゲオルカが、デュマが動き始めました。
 ギリシアの船はヘルガを乗せて、海底から浮上を開始します。

 いやはや、今回は凄い情報量で、纏めるのに一苦労です。
 未来へと収束する時の物語、いよいよ佳境というわけですね。
 果たして子供達の辿る道はどこへ向かうのでしょうか?


続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(0) | trackbacks(1)
『ファンタジックチルドレン』第21話 デュマ
 この命は最早自分一人のものではない、と言ったヘルガ。
 ティナが自分と共にいてくれるなら命だっていらない、と言ったデュマ。

 ついに出会ったギリシアの姉弟。
 こんなに愛おしく、こんなに傍にいるのに、遠く隔たる、心。


続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(2) | trackbacks(1)
『ファンタジックチルドレン』第20話 巡る命
 大変です、急展開ですよ!
 色んな意味において、デュマ強いんですけど!!

 うーん、アレですね。デュマ下克上希望(ちょっと待て)。
 だって、あきらかに彼の方がゲオルカより存在感上だし。
 っていうかそれ以前のことが展開しまくっているのに、デュマを応援してどうしますかわたしは。

 ええと、残業で帰宅が遅れましたがギリギリ放映に間に合いました、自分におめでとう。ありがとう。
 あまりにタイトなスケジュールだったので多少ハイですが気にしないで下さい。

 今回は非常に印象深いシーンが多い、重要な回でしたね。

続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(11) | trackbacks(1)
『ファンタジックチルドレン』第19話 誓い
 ティナの転生した魂達が、生命込めて描き続けてきたギリシアの風景。
 彼女たちが漠然と、しかしひたすらに求めてきたあの場所は、かつて恋人と眺めた故郷の景色にして、おそらく最も強く美しい思い出。それこそ、ティナが一番帰りたがっていた場所そのものだったのですね。

 ついに全てを思い出したヘルガ。
 あの大人しい子が声を上げて泣きじゃくる姿に、運命というものの悲しさを感じずにはいられませんでした。

続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(0) | trackbacks(0)
『ファンタジックチルドレン』第18話 惨劇
 「どうしてこうなってしまったのか」
 少し前まで、あんなことになるなんて思いもしなかったのに。
 王も、科学者も、ティナも、セスも。

 遣る瀬ないですね…実に。
 それに、事態はただゲオルカの陰謀だけではないように思われます。

 愛とは如何様にもかたちを変容させるもの。
 タイタス然り、…セスも。

続きを読む >>
『ファンタジックチルドレン』 | comments(5) | trackbacks(1)
| 1/2PAGES | >>



PROFILE

メールでのご連絡はこちら
フォームをご利用下さい。
NEW ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

RECOMMEND

Jenkins: Stabat Mater
Jenkins: Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
Belinda Sykes,Karl Jenkins,Karl Jenkins,EMO Ensemble,Jurgita Adamonyte,Royal Liverpool Philharmonic Orchestra,Royal Liverpool Philharmonic Choir
Karl Jenkins: the Armed Man
Karl Jenkins: the Armed Man (JUGEMレビュー »)
Karl Jenkins,Karl Jenkins,New Professionals,Hayley Westenra,National Youth Choir of Great Britain
 (JUGEMレビュー »)

『ひばり』(L'Alouette)
SPONSORED LINKS