Fragment of RUIN GEAR

http://ruingear.jugem.cc/
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『マテ・カマラス×姿月あさと×武田真治 SUPER LIVE』11/18(東京楽日) | main | 是非も無し! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
週末の戯言いろいろ
 デビューや復帰キャストが相次ぐ猫屋敷、新ミスト来ましたね〜。ついに岩崎ミストデビューですか。今日か明日? 観たいなー。
 野中マンカスも是非観たいし、うーん、悩ましいです。暫くは予定的に厳しい。

 でもなあ、何せ今の四季は冗談抜きに油断すると二度と観られないようなキャストが多そうなので、行ける時に観ておきたいです。切実…。
 最近見掛けない役者さんとか、去年辺りはそんなに気にしてなかったんですけど、今はすぐ不安になってしまう。

 ところでミストのトリプル表記って凄いですねー。何故トリプル。しかも週末に。

 つうか今週は世間的には三連休なのかあ。昨日も今日もわたしは仕事です。
 本代にチケット代に交通費、稼がんと!(その前に生活費)

---------------------------------------

 帰宅後の徒然追記。

 岩崎ミスト、デビューしたらしいですねー。
 わたしはグリザベラ、ジェリーロラム=グリドルボーン、シラバブ、ヴィクトリア、マンカストラップ、ラム・タム・タガー、ミストフェリーズ、アスパラガス=グロールタイガーが好きなので(なんと素晴らしくわかりやすい猫ばかり)、この新キャストはとりあえず観てみたいのでありました。ああ渇く。
 来週のキャス変が気になりますねー。猫屋敷だけじゃありませんけど。
 サバンナから王子が一人抜けたらしいじゃないですか。ほ、ほほお〜…。福岡LKプロモの為だとは思いますが、さて。

 あとやっぱり、高井カヤパなんて夢のまた夢なのでしょうかね。
 高井さん、壁の部長とか低音域の役だと大絶好調でいらしたので、カヤパを是非是非ゼヒとも観たかったのですけれどね…。最近調子がお悪かったと聞いたので、ご自愛頂きたいものだと思いつつ、夢見てしまうアホなファン。すみませんほんとに。

 夏から「禅さーん!」→「佐野さーん! スンラさーん!」と叫びまくっているので友人に「最近、高井さんはどうしたの? 禅さんもだけど」と訊かれてしまいましたが、勿論変わらず愛しておりますですよ!(鼻息)
 思い立ったらすぐにお会いできないからなるべく考えないようにしてるっていうか、考えようがないだけですよ…ふふ(涙)。
 ちなみに禅さんには明日お会いして来ます。ワーイ、玲奈ちゃ〜ん!(オイ)


 最近ジーザス関連のことを悶々と深く考え入り込み過ぎていたのですが、別演目やオケやライブでかなりリフレッシュしました。変な方向に入れ込み過ぎず、もっと舞台を素直に楽しもうと少し心が軽くなったかも。いいことだ。
 宗教モチーフはやっぱり危険なんですよ…考え始めると。

 ブラウニングを読んでいたら、「Life in a Love」がちょっとだけスンラユダにダブってしまった。Loveを「恋」ではなく「神に対する愛」に置き換えて、信仰という次元で悪戦苦闘する人間の魂の告白と読むことも出来る、とか解説されてるものだから、ついつい。
 最近は何でもかんでもJCSに関連づけて考えてしまう悪癖が身に染み付いてしまっていて、非っ常にマズイです。
 全然関連づかねーよ期待しちゃったじゃんバカーッ、なんて方がいたらすみません。
 とりあえずブラウニングはやはり良いです。好きです。テニスンあたりは何故かいまいち馬が合わないけれど、イギリスは名詩人が多くて良いですね。もっと色々読んでみたい。

 ブラウニングはやっぱり上田敏の訳が好きだから、給料出たことだしよし買おう! と思って本屋に寄ってレジ横のPCで検索したら(便利!)、まんまと在庫が無くて崩れ落ちそうになった女の戯言でしたとさ。ああショック。読みたい時に読みたいから買いたいのに。
 青空文庫もあるけれど、紙媒体のロマンを捨て去れない人間なんです、わたし。特に詩については。
 岩波文庫の在庫が豊富な本屋を探すぞー。おー。
 あと、詩を英語で朗読してるCDがないものだろうか…ある筈だと思うのですが。探したい。その際には高井さんばりの美声を希望します!(無茶な)


 ええと、行間から滲み出ているかもしれませんが、今、多少酔ってます。思考飛びまくりです。
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENTS

POST A COMMENT








コメントをプレビューする?

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


http://ruingear.jugem.cc/trackback/968


PROFILE

メールでのご連絡はこちら
フォームをご利用下さい。
NEW ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

RECOMMEND

Jenkins: Stabat Mater
Jenkins: Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
Belinda Sykes,Karl Jenkins,Karl Jenkins,EMO Ensemble,Jurgita Adamonyte,Royal Liverpool Philharmonic Orchestra,Royal Liverpool Philharmonic Choir
Karl Jenkins: the Armed Man
Karl Jenkins: the Armed Man (JUGEMレビュー »)
Karl Jenkins,Karl Jenkins,New Professionals,Hayley Westenra,National Youth Choir of Great Britain
 (JUGEMレビュー »)

『ひばり』(L'Alouette)
SPONSORED LINKS