Fragment of RUIN GEAR

http://ruingear.jugem.cc/
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
今年もお疲れさまでした
 異常レベルで仕事が忙しいわたしですが、有り難いことに年末年始はきっちりお休みがあります。というわけで28日に仕事納めでした。
 お疲れさまわたし! 頑張ったよわたし! 来年はいきなり週休無しにされたので正直怒り心頭なのですが、今はこの長期休暇を素直に楽しみます!

 今年の忘年会は諸事情により会社全体で開催、そのおかげで会場も都内の割と有名なホテルでした。
 一昨年も会社全体規模で会場はホテルだったのですが、今回はその時とグレードが1・2段階違う! おかげで立食とはいえ料理が大変美味でありました。もっと食べたかったーっ。文句無しに今までで一番料理の美味しい忘年会でした。

 去年なんかうちのフロアだけでの忘年会だったので新宿の適当な飲み屋でしたからね…。しかもその後ベロンベロンの上司や同僚に引っ張られるままに、ジャズバーや新宿2丁目のバーというか…ディスコ?(よくわからん)などに散々連れて行かれ、滅茶苦茶フラフラになって体力的にもしんどかったのでした。相当な量飲んだし。

 あ、でも2丁目で職場の友人と女同士で腕組んで歩いてたら、「そういう人と間違われるからやめておけ」と上司たちに注意されたりして新鮮で面白かったな(笑)。そういうところ全然行ったことないもので。

 今年はシチュエーション的には非常にオトナな忘年会で、個人的にはそういう方が好きなので大満足〜。いつもそっち系だと疲れるけfれど(庶民)、たまになら断然こっち系でしょ。おかげさまで会場はそのまま住みつきたいくらい快適でした(笑)。トイレですらわたしの家より豪華だった…涙。


 ついでに、忘年会が始まるまでの時間潰しに同僚たちとビリヤードに行っていたのですが、これがもうナインボールで逆転大勝利を収めまして、超〜気分爽快!!
 実質唯一の女子での参加だったのですが、3ゲーム中2勝、しかも最後は7と9を同時にポケットですよ! 超初心者にして下手の横好きのわたしとしては素晴らしい勝ち方です!(レベルが低い)

 舞台に嵌る前、一時期ビリヤードに激嵌りしていた時期があったのですが、最近全然行ってません。1、2年振りにやったけれどやっぱり好きだー。
 一緒に嵌っていた友人が遠方に引越してしまったもので、一緒にちゃんと習おうよ〜とか言っていた計画も流れてしまい。かと言って一人で習いに行く程ではなく。
 うーん、せめて来年はたまにはゲームしに行こうかなあ。


 さて…。今年の後半は時間が無くてやや放置気味だったブログ、というか観劇の感想ですが。
 休みの間に月単位にでもちょろりと感想を書こうかなと計画中です。やっぱり書き残しておきたいので。
 その前に、今年の総括もやっておこうかな。
 …っていうか、ふつう、逆?(汗)
 いや、いいのだ。現実的に出来そうなやつから上げるぞということで。

 今年は年始休みが割と長いので、前予出来ればどこかの劇場(猫か海かな〜)に行きたいなあとひっそり計画中。
 観劇初めは『ハムレット』。いきなり王道ストプレ。
 実はこれ、四季に嵌った頃から石丸さんで観たいと心の奥底で思い続けていた演目だったので、非常に複雑な思いです……今年は色々、ありましたねえ…。

 それはともかく下様ハムレット+福井レイアーティーズの組み合わせって有り得るのかなあ。有り得たら行きたいっ。けど、短期間にハムレット2回はちょっとな〜。来週は多分今週と同じですよねえ。
 実は田代さんが出ることを期待していたので、その点もひそかに残念だったりして。
 妄想キャスティングといえば京都JCS楽の時にお会いした皆様と「佐野ハムレット観たい〜!」という話が出て、一人大興奮でした。演技的にはイケルと思うけど、開口っぷりがちょい心配かな!(笑) ラウルで結構開口すごいなーと思った印象があるんですよね。ファントムは歌の方が多いからあまり気にならなかったけれど。


 そういえば、先日市村ハムレットがTV放映されましたね〜。普通に面白かった。
 あまりキャスティングを知らない状態で観てて、「このレイアーティーズいいわ〜。誰〜?」とか暢気に思ってたら、さとしさんじゃんかーっ!(汗)
 わからなかった自分にかなりショックを受けました…。一度も観たことの無い成宮フォーティンブラスは一発でわかったのにどーいうことなのだ、自分…(汗)。

 蜷川ハムレットは藤原くん版も観てみたいな。こっちのレイアーティーズは井上くんでしたね。…今観たら青いんだろうなー(笑)。今年だけで随分演技が良くなりましたもんね、井上くん。今期のヴォルフ素晴らしかったー!


 むむ、全然語っていなかったせいか無駄に長い雑談になってしまいました。
 とりあえず年内にちゃんと更新できるか保証は無いので、今のうちに締めの一言いっときます!

 皆様、よいお年を〜!
徒然雑記 | comments(2) | trackbacks(0)
生存証明と意欲と予想
 先月から仕事でPCの画像・文字処理作業をし過ぎていたせいか、暫く家では何も文章を打つ気になれませんでした。書きたいネタはむしろ死ぬ程有り余っているのですが、気力が無いと根本的に駄目ですねえ。

 そして何より仕事についてとか今の上司についてとか色々と思うことがあり、身体的以上に精神的に疲れてしまって、ちょいとネットライフというものを放棄?していました。仕事や忘年会やらで時間が無かったという理由も勿論ありますが。
 まあそういうわけでしたが、一応ちゃんと生きております、ハイ。

 しっかし今年の半ばから異動して来た課長…わかってたけどさいてえだ…、とかひっそり呟いてみる。できた人の多い我が職場をここまでどんよりさせられるって一体。逆に凄いぞ。
 ちなみに今月知ったのですが、わたしのフロアは我が社でもワースト1・2を争う残業職場だそうです。オイ…………。「なにその管理側の無能証明」と思ってショックではあるけれどそれ以前に拭えない「やっぱりな」感。嗚呼。

 この関連で愚痴を書き出したら3時間くらい軽くイケそうなのでやめておきますが、なんというかどうせ忙しいなら「この人の為なら多少の苦労は厭わん」と思える上司に当たってみたいものですねー。今度の課長はそう思えない、どころか褒められてすらも「あっそ」としか思えません。全く嬉しくない。頼まれても付いて行きたくないタイプですね、はっはっは!(壊)

 いかん、まだ復活には遠いかも…(汗)。
 いやでも、ほんとに色々書きまくりたい気持ちも本当で、何と言うか♪心と身体引き裂かれようとも〜!♪とか歌っちゃうぞみたいな。

 ……疲れてますね!!

 閑話休題。
 何だか抜け殻の今の状態、JCSという餌を失ったことからくる脱力っていうのもかなりあります。♪あなたが生き甲斐で暮らしてきたのにどーしよー♪ですよ。
 人間、餌があれば頑張れるのねということを我が身を以て改めて実感してます。

 猫屋敷にもじんわりと心惹かれているのですが、もう一つ爆発的な牽引力がないと、うーん。行きたいことには変わりないですが。
 大好きな奥田グリザが久々に帰っていらしてるし、何よりマイベスト・タガー・スンラさんがいる!! 五東ジェリロもまた来てくれてるし。
 野中マンカス、岩崎ミスト、由佳乃ジェニ、南バブがいたら脇目もふらず駆けつける気満々だったのですが、我慢してもう少しお預けかなー。1月にチケット持ってますし、う〜んどうしよう。試される自制心。

 あ、CATSといえば、佐野さんがキャスティングされたと聞いたのですがマジですか…。どこまでマルチプレーヤーっぷりを発揮するのか、佐野さん…。
 ファンとしてどの猫にキャスティングされたのかを考えてみますと。

・第1候補:アスパラガス=グロールタイガー
 ラウルやファントムを観て来た身としてはバストファさんを想像するのが辛いのですが(笑)、ガス=グロタイは普通に観たいっ。
 ……というか、あまりにもこの枠の交替要員がいないので、ここなのかなあと反射的に考えてしまいますね〜。田島さんにお休みをプリーズ。いやそれを言ったら佐野さんにこそお休みをプリーズなわけですが。今週後半からはファントムですよね…(汗)。

 考え始めたら無限ループなことはとりあえずさておき。

・第2候補:マンカストラップ
 青山さんと西門さんはどうされたのでしょうか…(汗)。福井さんが引き続き自由劇場っぽいので、まだしばらくは荒川さんがマンカス? さすがベテラン、普通に巧いとは思いますが、やっぱり荒川さんはタガーが嵌ってると思います…。
 と、いうわけでこれまた人手不足枠(汗)として、可能性としてはあり得るかなと。まあ無いだろうなとは思いつつ、佐野さんなら出来なくは無いと思います。

◆第?候補:ラム・タ
 無い。それは無い!(汗)
 そんなことがあったらわたしは多分階段から転げ落ちる。(そこまで)

 他には思いつかないなあ。今更スキンブルはタガー以上に有り得ないと思うし。
 デュト様も、音域的に無いと思います。…知らんけど。
 ていうか、デュト様もかなりの人手不足ですね。高井さんに復帰してもらいたいと夢想してしまうけれど、これまた音域的にファントムと並行はヤバイと思うので却下だなあ。

 さて佐野さんが猫屋敷に登場なさることは本当にあるのか?
 BBがあるけれど、なんとなく開幕は柳瀬ビーのような気がする。
 何にせよ猫屋敷に登場されたりなんかした日にはダッシュで駆けつける気満々です。

 とかなんとか妄想しつつ、さてあと1日で仕事も終わり! あと少し、頑張れ自分!
舞台雑記 | comments(2) | trackbacks(0)
『ジーザス・クライスト=スーパースター/エルサレム・バージョン』12/8マチネ・ソワレ(楽日)
 感動するにも体力が要るということを知りました。
 観劇当日は舞台に食らいつくことで精一杯の体力しか残っていなかったのですが、本日10時間以上泥のように眠って起きたところ、怒濤のように感動の波が時間差で押し寄せまくってきております。遅ー!
 今この体力で当日に臨んでいたら、カテコで号泣していたかも。疲弊度限界で気力だけで観劇したのは、ある意味理性を保てて良かったの、かも…しれない??

 いやはや、もう本当に大感動の楽日でした。
 マチネとソワレ両方観劇致しましたが、もう、本当に来られて良かったです…。京都エルサはマイ初日にして楽日だったわけですが、1演目でこんな濃密な時間を過ごせる幸せは、この先もそうそうないのではと思います。それくらい素晴らしい公演でした。

 とりあえずマチネでの衝撃はやっぱりカテコー!!
 楽日ということで拍手やBravoの飛び交うカテコで、最後の最後に柳瀬さんが一人下手から登場、と思ったら上手に声をかけている!! まままさか! と思ったら、スンラさん登場ーー!! うおおおおっ、夢にまで見たジーザス&ユダの二人カテコですっ!!

 笑顔で手を差し出して「ほらほら、出て〜」みたいに促す柳瀬さんに対し、「え、いいのかな…」みたいにちょっと躊躇いがちにおずおず出て来るスンラさん。客席大喜びでどよめきまくりでした。
 二人カテコは千秋楽のソワレでもやったのですが、マチネではおそらく柳瀬さんの初アドリブカテコだった?ようで、スンラさんの躊躇いがちなアタフタ感が更に感動を誘うわけですよ! も〜〜柳瀬さん!! 空気の読める子!!(笑) 素晴らしい!!

 がしっと手を握り合い、ガバッ! と抱き合うお二人を見て、こちとら感極まってもう大感動以外に言葉が出て来ません。
 この日は2公演とも東京からの集大成を見た! という感じで素晴らしかったし、やっぱりここまで凄かったのって、柳瀬ジーザスにスンラユダお二人の力が大きいと思うのですよ。勿論、他全ての素晴らしき出演者あってこそでもありますが、あの2役が演目の中心軸なわけですから。(なんか…日本語がオカシイ。雰囲気でお読みください…)
 わたしがここまでJCSに嵌ったのも、柳瀬ジーザスとスンラユダあってこそです。本当に素晴らしいものを見せて頂きました。

 で、そのお二人が言葉も無く笑顔でただ力強くガシッ!と抱擁するの図を、まさか観客として見届けることが出来るなんて…四季なのに…。うわああダメだ、思い出すだけで涙がぶわっと溢れてきます!
 そうそう、二人カテコの後、どっち側にハケるかちょっと迷ってからトコトコ下手にジーザスと一緒にハケていくスンラさんに萌え死にもとい、猛烈感動(笑)。これ(二人カテコ&一緒にハケてゆくの図)が見たかったんだよ〜〜。嬉しかったなあ。


 いや〜、2公演ともカテコ多かったですわ〜。何度柳瀬さんの「終わり!」という口パクを見たことか(笑)。あと、「ありがとうございました!」も言ってたみたい?
 そうそうスンラさんも最初に出て来るあたりはやっぱり消耗して超猫背でしたが、一人で奥へ登っていく辺りからは笑顔でノリノリ、疲れを吹き飛ばして腕振り上げてましたー。▽の先陣切ってる時も元気一杯でした。
 その後一番後ろに並んでカテコの順番待ってる時、柳瀬さんと笑顔でお喋りしてるのが滅茶苦茶気になって堪らなかったーっ。何喋ってたんですかー!? 結構ペラペラ喋ってましたよ(笑)。
 特にソワレは、お二人だけでなく役者さん皆さんがやり遂げた感溢れる笑顔に満ちていて、良かったなあ〜〜。あの雰囲気を思い出すだけで涙が出て来るってもう重症です、わたし。


 うーむ、マチネとソワレの記憶がかなりミックスされてしまっています。すみませんわたしは鳥頭…。
 あとはそうだなー、柳瀬さんのガッツポーズだけでなく、スンラさんがお辞儀して下向いた状態でガッツポーズしてるっぽいのも見られました。上体を起こす時、伸ばした腕をそのままぐいんと振って柳瀬さんをハイ次っ! みたいにやってました。受ける柳瀬さんも超笑顔! うわーん何という素晴らしいカテコ…!

 そういえば二人カテコでスンラさんの超笑顔は見られましたが、位置的に柳瀬さんの表情は全く見えなかったのですよね。柳瀬さんはどんな表情だったんでしょうね〜。
 スンラさんの顔が手前になって柳瀬さんの肩に乗っかってて、柳瀬さんの頭は当然逆の位置だったので、上手のかなり前方席でもないと見えなかったのではないでしょうか。気になるー。まあきっと、あの雅な笑顔だったのでしょうけれども。
 がっつり抱き合うお二人共の笑顔を見るにはえーと…ううむ、抱き合いながら二人にぐるぐる回って頂くくらいしか手段ありませんね。い、いやだ、そんなの(笑)。

 ああだめだ、カテコだけで何時間も語れそう。
 とりあえずここで一度切って、本公演の感想を何とか書こうと思います。


 それにしても素晴らしい公演でした。東京楽の時も完成されたと思ったというのに、この2公演、特に千秋楽は、完全に「JCSという一つの世界」が舞台上にただ在りました。磨き上げられた舞台世界という一つの結晶を見ましたねえ。何という得難い体験!

 この日、劇場にいられて本当に幸せでした。
 終わってしまうくらいなら迎えたくないとまで思った日でもありましたが、わたしの人生の中でもかけがえのない1日のうちの一つになることは間違いありません。

 JCSが好きだ。大好きだ。そして今期のカンパニーが大好きだっ!
 カンパニーの皆様、本当にお疲れ様でした!! そして、ありがとうございました!! 今期の公演で得られた感動は、一生忘れません…!!
観劇雑記 | comments(2) | trackbacks(0)
是非も無し!
 ついにJCSも楽日!
 というわけでやってきました京都。
 個人的趣味で銀閣寺と本能寺へ行きたかったのだけれど、まあそれはまた今度ということで。

 とりあえず今週はずっと午前1時半帰宅の6時半起床で仕事がデッドヒート。上司によると今週は山に非ず、ド山だそうで。ド山…。
 今朝は無事に5時半起きできました。体力精神力共にかなり限界だったので、起きられなかったらどーしよーかと…。一安心。新幹線でがっつり寝たので体力もかなり回復。
 さて、腹ごしらえしたら出陣でっす!

 ……おねーさーん! ランチまだっすかー!!(汗)
 混んでます京都〜〜!
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
週末の戯言いろいろ
 デビューや復帰キャストが相次ぐ猫屋敷、新ミスト来ましたね〜。ついに岩崎ミストデビューですか。今日か明日? 観たいなー。
 野中マンカスも是非観たいし、うーん、悩ましいです。暫くは予定的に厳しい。

 でもなあ、何せ今の四季は冗談抜きに油断すると二度と観られないようなキャストが多そうなので、行ける時に観ておきたいです。切実…。
 最近見掛けない役者さんとか、去年辺りはそんなに気にしてなかったんですけど、今はすぐ不安になってしまう。

 ところでミストのトリプル表記って凄いですねー。何故トリプル。しかも週末に。

 つうか今週は世間的には三連休なのかあ。昨日も今日もわたしは仕事です。
 本代にチケット代に交通費、稼がんと!(その前に生活費)

---------------------------------------

 帰宅後の徒然追記。

 岩崎ミスト、デビューしたらしいですねー。
 わたしはグリザベラ、ジェリーロラム=グリドルボーン、シラバブ、ヴィクトリア、マンカストラップ、ラム・タム・タガー、ミストフェリーズ、アスパラガス=グロールタイガーが好きなので(なんと素晴らしくわかりやすい猫ばかり)、この新キャストはとりあえず観てみたいのでありました。ああ渇く。
 来週のキャス変が気になりますねー。猫屋敷だけじゃありませんけど。
 サバンナから王子が一人抜けたらしいじゃないですか。ほ、ほほお〜…。福岡LKプロモの為だとは思いますが、さて。

 あとやっぱり、高井カヤパなんて夢のまた夢なのでしょうかね。
 高井さん、壁の部長とか低音域の役だと大絶好調でいらしたので、カヤパを是非是非ゼヒとも観たかったのですけれどね…。最近調子がお悪かったと聞いたので、ご自愛頂きたいものだと思いつつ、夢見てしまうアホなファン。すみませんほんとに。

 夏から「禅さーん!」→「佐野さーん! スンラさーん!」と叫びまくっているので友人に「最近、高井さんはどうしたの? 禅さんもだけど」と訊かれてしまいましたが、勿論変わらず愛しておりますですよ!(鼻息)
 思い立ったらすぐにお会いできないからなるべく考えないようにしてるっていうか、考えようがないだけですよ…ふふ(涙)。
 ちなみに禅さんには明日お会いして来ます。ワーイ、玲奈ちゃ〜ん!(オイ)


 最近ジーザス関連のことを悶々と深く考え入り込み過ぎていたのですが、別演目やオケやライブでかなりリフレッシュしました。変な方向に入れ込み過ぎず、もっと舞台を素直に楽しもうと少し心が軽くなったかも。いいことだ。
 宗教モチーフはやっぱり危険なんですよ…考え始めると。

 ブラウニングを読んでいたら、「Life in a Love」がちょっとだけスンラユダにダブってしまった。Loveを「恋」ではなく「神に対する愛」に置き換えて、信仰という次元で悪戦苦闘する人間の魂の告白と読むことも出来る、とか解説されてるものだから、ついつい。
 最近は何でもかんでもJCSに関連づけて考えてしまう悪癖が身に染み付いてしまっていて、非っ常にマズイです。
 全然関連づかねーよ期待しちゃったじゃんバカーッ、なんて方がいたらすみません。
 とりあえずブラウニングはやはり良いです。好きです。テニスンあたりは何故かいまいち馬が合わないけれど、イギリスは名詩人が多くて良いですね。もっと色々読んでみたい。

 ブラウニングはやっぱり上田敏の訳が好きだから、給料出たことだしよし買おう! と思って本屋に寄ってレジ横のPCで検索したら(便利!)、まんまと在庫が無くて崩れ落ちそうになった女の戯言でしたとさ。ああショック。読みたい時に読みたいから買いたいのに。
 青空文庫もあるけれど、紙媒体のロマンを捨て去れない人間なんです、わたし。特に詩については。
 岩波文庫の在庫が豊富な本屋を探すぞー。おー。
 あと、詩を英語で朗読してるCDがないものだろうか…ある筈だと思うのですが。探したい。その際には高井さんばりの美声を希望します!(無茶な)


 ええと、行間から滲み出ているかもしれませんが、今、多少酔ってます。思考飛びまくりです。
舞台雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/97PAGES | >>



PROFILE

メールでのご連絡はこちら
フォームをご利用下さい。
NEW ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

RECOMMEND

Jenkins: Stabat Mater
Jenkins: Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
Belinda Sykes,Karl Jenkins,Karl Jenkins,EMO Ensemble,Jurgita Adamonyte,Royal Liverpool Philharmonic Orchestra,Royal Liverpool Philharmonic Choir
Karl Jenkins: the Armed Man
Karl Jenkins: the Armed Man (JUGEMレビュー »)
Karl Jenkins,Karl Jenkins,New Professionals,Hayley Westenra,National Youth Choir of Great Britain
 (JUGEMレビュー »)

『ひばり』(L'Alouette)
SPONSORED LINKS